防災頭巾選びのコツは

皆さん、防災頭巾選びは、どうなさっていますか?

 

防災頭巾というと、幼稚園や小学校の入学時に購入する方も多いかと思います。
そこで、防災頭巾選びについて、詳しくお伝えしますね。

 

わたし自身、我が子が幼稚園へ入園するまさにその年に、東日本大震災を経験しました。千葉県にいましたが、とてもとても揺れて、上から物は落下してくるし、慌ててテーブルの下に子どもを抱えて非難したことを鮮明に思い出します。

 

そこで、防災頭巾の大切さをとても感じて、自分でも色々と調べたり、入園先の幼稚園の先生にも、ご相談させていただきました。
すると、的確なご指示をいただき、なるほどと納得して、購入にいたりました。

 

というのも、防災頭巾は子どもが喜ぶようにと、かわいいデザインやカッコいいデザインなど、デザイン重視で選んでいる方って多くありませんか?
でも、実際そんなフワフワしたものが、頭を守ってくれるのでしょうか。

 

まあ、多少守ってくれるとは思いますが、その際に火事が発生したとしたら……。
頭上からは火の粉が飛んでくるかもしれないですし、それをフワフワとした綿や化繊でできているものに飛んで来たら、あっという間に、火が頭に燃え移ってきてしまいます。
さらに上から、窓ガラスの破片や、柱なども落ちてくるかもしれません。

 

それじゃなくても、地震や火事でパニックになっている子どもが、防災頭巾を外すなどということを、思いつくでしょうか?

 

地震=防災頭巾をかぶって避難
としか教わっていないし、それに従っているだけなのに、火災や落下物に巻き込まれるなんていうことになったら、悔やんでも悔やみきれませんよね。

 

そこで、消防士さんが使っている銀の防災頭巾を思い出してください。あれこそが、火事から頭を守ってくれるのです。

 

ただ腕を守ってくれる防災頭巾はなかなかありません。

 

そして、かわいさよりも、命の大切さを重視するならば、耐火性のある防災頭巾の購入をすすめられ、もちろんそちらを購入しました。

 

何もないことが一番だけれど、天災や災害はいつ起こるかわかりません。
備えあれば患いなし。
大切なお子さんの命を守るためにも、そして自分自身を守るためにも、耐火性のある、さらに腕や肘も守ってくれる防災頭巾の利用をお勧めいたします。

 

防災頭巾選びのコツは
デザインよりも、機能性を重視するべき